忍者ブログ
埼玉県鴻巣市の写真館 池沢スタジオ ジャーナル


先日、素敵なモノクロームのスタジオ待合室写真をご紹介いただいたお客さまより、カラーのお写真が届きました。窓から降り注ぐ、やわらかな光。とっても素敵なお写真、ありがとうございました。

光が降り注ぐ窓の外は、鴻巣の観光名所のひとつとなっている勝願寺です。道路からとはひと味ちがう2階からの眺めは、門の奥の参道を見わたすことができます。4月の桜の季節でなく、新緑の季節、紅葉の季節、そして今は落ち葉の季節をお客さまに楽しんでいただいています。

白ホリゾントスタジオの手前にある、「PRIVATE」の看板(写真右下)。このサインは2015年8月に惜しまれつつ閉館し解体され、建て替え工事がすすむ東京都港区虎ノ門にある「ホテルオークラ東京」旧本館で実際に使用されていたものです。縁があり、お分けいただきました。

ホテルオークラ東京の旧本館は館内の雰囲気だけでなく、やや低い天井やきめ細やかな意匠など、各所に昭和の香りが漂うとっても素敵な場所でした。改装前の当館の待合室は昭和を思い起こす雰囲気だとお客さまにお声掛けいただくことが多かったため、思い出とともに、一枚のドアが昭和の面影を伝えています。




 
   
About Us

埼玉県鴻巣市の池沢スタジオ(池澤写眞館)は1927 年より時代を超えてもあきることのないシンプルで品格あるお写真をおつくりしています。

池沢スタジオジャーナル(ブログ)では、おみせからのお知らせや許可をいただいたお客さまのお写真、スタッフの日々の暮らしを中心にのんびりペースで更新しています。

http://www.ikezawa-studio.com

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR